FC2ブログ

ボルト

12×1.5ボルト

このボルトのネジピッチは、通常市販の標準品よりも、少し細かくなっています。
数字で表すと・・・・・・

M12-P1.5(ネジ外径Φ12、ピッチ1.5mm)

M12の標準ピッチは1.75mmです。





今回のご依頼は、
「ネットオークションでライザーを落札したんですけど、売ってるネジだと合わないんです」
とのことでした。

ネジを確認させてもらうと、上記のM12-P1.5(細目(※注)と呼びます)でした。
ネジの専門店ならば入手できるサイズですが、
必要数が2個と少数なので運賃や手数料もバカにできません。
また、長さや材質なども、必ずしもピッタリのものがあるとも限りませんので、
今回はワンオフにて製作することになりました。

もちろん、市販品を買ったほうが安い場合は、そちらをお勧めします。



こういったネジ類の場合、強度に関しては市販品が勝っています。
市販のネジ類は、通常「鍛造」という作り方です。
ネジの形をした「型」を押し付けて作ると想像してください。
私共の作り方は「切削」といって、ネジの形に削っていく方法です。

鍛造の場合、強い力で型に押し付けられるので、イメージとしては素材が「縮む」といったところでしょうか?
この「縮む」ことによって、素材の組織密度が高くなり、製品強度が高くなります。

一方、切削では、ねじ山の形をした刃物で、品物を回しながら削って形を作っていきます。
厳密に言うと、切削中に熱が発生しますので、多少の強度変化はあるかもしれませんが、
ほとんど元の素材の強度のままです。



・・・※注・・・
  ボルトのマメ知識として・・・・・・
  「細目」が使われている部分は、締め付け強度を確保したい部分です。
  言い方を変えますと「緩みにくく」したい部分に使います。
  ピッチを細かくすることによって、同じ長さの締め付け範囲に、
  ねじ山の数を増やすことができるからですね。

























雲台
先日のライトホルダーのアルマイト処理が終わりました。


私共では、アルマイトのみも受け付けておりますので、
お気軽にご相談ください。

ご相談フォームはこちらです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード