スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンオフ・ステムキット

割と質問の多いパーツとして、ステアリングステムアッセンブリーがあります。


大手パーツメーカーさんなどで売られているものも、
非常に高価なものが多いパーツだと思います。

ワンオフで作ると、さらに高くなるんじゃないですか?と聞かれることが多いのですが、
キャリパーサポートやバックステップに比べると、
市販品に近いお値段で作れます。



今回、GSX1100Sカタナ用のステムアッセンブリーをご注文いただきました。




カタナステム鉄1








カタナステム鉄3







カタナステムAL1








カタナステムAL2

このアッセンブリーでは、ステムシャフトを純正を使うことで、費用の軽減をはかりました。
フォークオフセット量は、御依頼主様のご希望の数値とし、
その他は純正の位置が再現できる形状としました。
また、独自に設けるステーのためのネジ穴などもあけてあります。

こういったところが、ワンオフならではの小回りの効くところと思います。




さて、お値段ですが、
今回のアセンブリー(純正シャフトとベアリングはお客様の持ち込み)で、10万円でした。
シャフトも同時製作ですと12万円となります。

ステー類や形状などによって、値段の変化はありますが、
これが平均的なお値段と思ってください。



決してお安い価格とは言えませんが、ご希望に沿った世界にひとつだけのパーツをお作りします。


また、こういったハンドリングに直結するパーツでは、
足周りセッティングを変更することも多々あります。
そのような場合には、セッティングに関するアドバイスも同時に行っております。
仕様用途や走り方の傾向などを聞いて、求めたい方向性をご案内いたします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。