FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開発中

W装着 初期

発売中の『W650用bremboキャリパーキット』ですが、
W650は、ノーマルマスターシリンダーサイズが1/2インチと、
brembo4potとの相性としては、ちょっと役不足となります。



写真のW650は私の車輌で、テストを続けています。
Φ320ディスクとbremboキャリパーの装着で、絶対性動力は向上しましたが、
マスターはノーマルのままなので、どうしても握り代(レバーを握りこむ量)が多くなってしまいます。
一時は汎用で売っているタンク別体型5/8マスターの装着を検討しましたが、
やはり、W650のスタイルを考えると、違和感は否めません。


W650のスタイルを崩さない上での選択肢として・・・・・

 
  ○グリメカ SUZ0003(写真の中央上、丸タンクのものです) ¥27,510
    このマスターは、ハーレーを意識した作りになっているため、
    W650には都合の良い、インチバー用ハンドルクランプに加工された状態で売っています。
    また、ピストン径も5/8と、申し分ありません。
    しかし、インチバー用加工で、ずいぶんと高いものになってしまったようです。
    インチバー加工前のものは、国内では販売されていないようです。

 
  ○ドレミコレクション 復刻版Z1用5/8マスター ¥26,250
   このマスターはZ1の当時ものを復刻して作られたものです。
   Kawasaki車輌用でもあり、クラシカルなイメージとしては申し分ありません。
   Z1用なので、ハンドルクランプ部はΦ22.2と、国産バイクの標準的な寸法になっています。
   このクランプ部を、私共でインチバー用に加工して販売しようかとも考えましたが、
   ¥26,250にインチバー加工工賃を合わせた価格となると、
   正直、お客様にやすやすと提供できるものでは無くなると判断しました。
   (インチバー加工は可能です)



一般的に入手しやすいマスターとして・・・・・

  ○デイトナNISSIN 5/8マスター ¥13,650
   価格や品質の安定度、補修部品の供給など、
   一般的な使用においては、申し分ないものと思います。
   W650に別体タンク・・・・・・・やはり違和感があります。

  ○デイトナNISSIN ラジアルマスター ¥21,000
   こちらも、非常にリーズナブルで汎用性の高いものです。
   性能としても申し分なく、私もレース車輌では、このマスターのプロトタイプを使っています。
 
  ○デイトナNISSIN セミラジアルマスター ¥16,800
   価格と性能のバランスで考えると、非常に優れたマスターだと思います。

  ○brembo ラジアルマスター 15RSC(新型レバー比可変) 約¥45,000
                    19RSC(旧型レバー比固定) 約¥37,000
   性能は申し分ありません。
   15RSCは、インチバー加工は可能と思います。
   19RSCは、インチバーには使えないと思ってください。
   キャリパーがbremboなので、このマスターが使えないかと検討したのですが
   19RSCは取り付けボルトの幅がインチバーよりも狭く、物理的に不可が判明しました。
   15RSCはこの問題はクリアーできそうなのですが、
   やはり別体タンクがネックとなり、採用を見合わせました。

 

まだまだたくさんのマスターを検討したのですが、説明が長くなるので
機会を見て紹介していこうと思います。







さて、前置きが非常に長くなってしまいましたが、
現在、私共では、ノーマルマスターを5/8インチ径に加工し、
スタイルを崩さずにbremboに見合った性能を確保する方法を模索しています。

この方法ですと、見た目はノーマルとまったく変わりません。
ご希望のお客様に、ご自身のマスターをお送りいただくか、
私共で新品を用意して加工するかの選択をしていただきます。

費用は、ご自身のマスターをお送りいただくパターンですと、
¥10,000程度(加工賃と部品代です。送料は別途申し受けます)を予定しております。

完成し次第、当該商品ページを更新しますので、もうしばらくお待ちください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。