スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶

2010年も、あと数時間となりました。


秋山工業をご利用いただきました皆様、
本年はご贔屓くださいまして、まことにありがとうございました。

皆様に喜んでいただけるパーツ作りを目指し、
来年も精進していこうと思います。

来年も、変わらぬご愛顧を賜りますよう、
よろしくお願いいたします。







新年は、1月5日より営業いたします。
スポンサーサイト

W650 ブレンボキット

先日お知らせしたまま、なかなかホームページの更新が出来ておりませんが、

W650ブレンボキット(新型:ブレンボディスク仕様)は、
定価84,000円にて販売を開始しております。

今日、取り付けられたお客様がいましたので、
装着イメージとして画像を載せておきます。










W650ブレンボ3













W650ブレンボ1

ディスクがフローティングタイプになったことと、
ディスクの厚さが5mmから5.5mmになった効果は、かなり大きいです。
ホイールがストレスなく、綺麗に回転するようになりました。














M様、本日は寒い中遠方より来て下さり、ありがとうございました。
気に入っていただけたようで、製作者冥利に尽きます!




年末年始の営業日など

12月も中盤も過ぎ、いよいよ年末といった感じになってきましたね。


秋山工業の年末年始は・・・・・・・

12/29(水)まで営業
1/5(水)から営業

上記の予定となっております。


















最近の作業を少々


ジャイアンL0ステム1

全日本選手権に出場中のマシン(GSX-R1000)の、フロント周り、
具体的には、ステム周辺のモディファイを継続的に作業しています。













ジャイアンステム1

トップブリッジとステム・アンダーブラケットの削り出し作業が終わったところです。




ジャイアンステム2

最近のアンダーブラケットは、フォーク保持範囲が広いので、
必然的に重量が嵩んでしまいます。
強度を落とさないような配慮をしながら、裏側の肉抜きをしました。





ジャイアンステム3

トップブリッジに関しては、ライダーからの要望もあり、
段差をつけた形状にしました。
フォークの突き出しを前提としています。





201012221536000.jpg

削ったままの状態でも、組み立てはできるのですが、
せっかく取り付けるなら、やはり見栄えも少しは気にしたいですよね。
トップとアンダーはブラック、シャフトはシャンパンゴールドでアルマイトしました。




201012231548000.jpg

純正ブラケット(左)との比較です。

形状的には大きな変化はありません。
オフセット量を変更してありますので、ハンドリングには変化が出ることでしょう。
次回のテストでハンドリングの変化を確認し、
進むべき方向性を、しっかりと導きたいと思っています。






メーターギア

カスタム車輌を製作するときには、他車種の部品を流用することも多いですよね。
いわゆる「ポン付け流用」が可能な部品は良いのですが、
「あと少し短ければ取り付けできるのに」とか「もう1mm内径が大きければ、このカラーが使えるのに」など、
少しの加工で取り付け出来そうでも、たとえ1mm内径を広げることも、
機械がないと難しいですよね。



今日の作業は、そんなリクエストからの加工でした。








201012061518000.jpg

『アクスルシャフトを他車種のものに交換したいが、
メーターギアの厚みが、少しだけ(1.5mm)長いので加工して欲しい』
とのご依頼でした。





幸い、このメーターギアは、旋盤に固定することの出来る形状でしたので、
ご要望の寸法まで削り込む作業は、すんなりと終了しました。

とは言っても、ただ旋盤に固定して削ればよいというわけではありません。






201012061403000.jpg

このように旋盤に固定します。






201012061507000.jpg

旋盤に固定した状態で「倒れ」を測定します。
ここでの測定を怠ると、ほぼ間違いなく傾いたまま削ることなります。
見た目では判別できない傾きでも、車体に組み付けたときには、
アクスルシャフトが曲げられる方向の力がかかってしまいます。
ちなみに、測定ゲージの1目盛りは0.01mmです。
秋山工業では、このような作業の場合の目標値は、0.03mm以内の傾きと決めています。
このメーターギアは、0.015mmでした。






201012061507001.jpg

1.5mm削った状態です。









車種によっては、加工できない場合もありますが、
このような作業で2,500円程度(送料別)です。

見積もりや相談は、無料にて承っております。
このような流用部品でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。


年末進行中です

師走に突入しましたね。


おかげさまで、秋山工業も大忙しの毎日をおくっています。













さてさて、先日来取り掛かっておりました『XR1200』が、
おおよその完成形となりました。







xr12001.jpg









201012031749000.jpg










201012031750000.jpg


フロントブレーキシステムをブレンボレーシングに換装しました。

①キャリパーサポートの製作
②ブレーキホースの製作
③ミラーホルダーの製作
④マスタータンクステーの製作
⑤その他、付随するパーツの製作

ざっと上げると10点ほどの部品点数でしたが、けっこう時間がかかってしまいました。
S様、お待たせして申し訳ありませんでした。
まだ手を入れたい場所が複数あるようですが、
先ずはブレーキの変化を確認しましょうね!
おっと!ブレーキスイッチの取り付けがまだでした!
明日、確認しましょう。






今回このXR1200にブレンボマスターを取り付けるにあたって、
右側のミラーをどこに設置するかが、大きな課題となりました。
左側(クラッチ側)は純正を使っているので、できれば左右対称の位置に取り付けたいのですが、
左側と同じ位置には、マスター本体があって物理的に無理でした。
なるべく違和感なく、なおかつ取り付けるベースが目立たないようにと工夫した結果が下の画像です。












XRhoru1.jpg










XR.jpg


マスターとハンドルバーのわずかな隙間に、純正ミラーをうまく納めることができました。
目立たずシンプルで良い出来と自負しています。

ワンオフパーツ作りの醍醐味は、こいった些細なところかもしれませんね。





このミラーホルダーは量産できるかもしれません。
興味のある方は、ご連絡くださいね!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。