スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工場内風景

201011191738000.jpg

今日の工場内風景です。













201011191739000.jpg

反対から。




3台同時進行中です。













今日は、昔からとてもお世話になっている、地元の先輩が立ち寄ってくれました。
20代前半でこの仕事に就いたばかりのころから、何かと相談に乗ってもらい、
その都度、的確なアドバイスと励ましをもらっている方です。

その先輩の得意分野はハーレーです。
最近はハーレー系の削り出しパーツの依頼も増えてきて、
相変わらず、お世話になりっぱなしです。

いろいろな話が聞けて、とっても有意義な時間でした。
いつか恩返しできるように、日々、精進します!




スポンサーサイト

W650用ブレンボキット 内容変更のお知らせ

ご好評いただいております『W650用ブレンボキット』の内容を変更します。



現在、キットに含まれるディスクは「サンスター製」ですが、
変更後は「ブレンボ製」になります。



カワサキ用フローティングディスクローター縮小

上の画像が、新しいディスクです。
アウターはスリットタイプからホールタイプになります。
インナーの色は、画像のゴールドが標準となります。







ディスクをブレンボ製に変更した、最大の理由は、インナーの色です。
上記の通り「標準色はゴールド」になりますが、
ブラックなど、お好みに応じて変更可能となります。

サンスター製をお好みの色に変更する場合、カシメてあるピンを、
フローティングタイプに変更する必要があります。
フローティングピンなどの部品代と作業工賃を加算すると、
標準定価プラス35,000円以上と、非常に高価なものになってしまいました。
お客様からお問い合わせいただくたびに、作業内容などを説明し、ご理解をいただいておりましたが、
正直『色を変えるためだけ』に出費する金額としては高価すぎるため、
色変更の受注は1件もありませんでした。

その点、このブレンボ製ディスクは、最初からフローティングタイプですので、
容易にインナーを取り外すことが出来ます。
基本的に部品代はかかりませんので、色変更をする場合の費用は、
アルマイトによる着色代とそれに伴う送料と組み立て工賃です。

ディスクの価格上昇分として、
標準仕様で現在の73,800円→84,000円(税込み)
インナー色変更は84,000円→90,300円(税込み)
となります。
サンスター製ディスク仕様73,800円は、価格据え置きの受注生産となります。
(受注後にディスクを仕入れますので、納期をご確認の上、発注してください)


基本的な寸法は、サンスター製と共通ですので、
取り付けや使用に変更はまったくありません。

サンスター製がカシメタイプだったのに対して、ブレンボ製はフローティングタイプになりますので、
ブレーキタッチのフィーリング向上につながるものと思われます。
来週から走行テストをしますので、追ってお知らせいたします。







このディスク変更に伴い、現在私のW650に取り付けてあるキットを、
ディスクのみ中古のセットとして、先着1名様に50,000円で販売します。

W650フルキット

セット内容
・サンスターディスク(インナーブラック)中古(約2,000Km使用)
・ブレンボキャリパー(ブラック)新品
・キャリパーサポート(ブラックorシルバー)新品
・ディスクスペーサー(ブラック)新品
・取り付けボルト類一式 新品
キャリパーサポートの色は、ブラックかシルバーからお選びください。

ご注文はメールのみで承ります。
秋山工業HPの「お問い合わせフォーム」か「ご注文フォーム」からお申し込みください。
内容欄に『W650中古ディスクキット希望』とお書き添えください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。