FC2ブログ

全日本選手権

ちょっと時間が経ってしまいましたが、
先日の全日本選手権もてぎラウンドに行ってきました。





















2010全日本たけし3小

ゼッケン#35:井上健志選手

予選:13位
決勝:16位

全日本JSBクラスへの挑戦は、2年目になるのかな?
タイムも上がってきて、もう少し頑張れば入賞も見えるところまできましたね!
ガンバレたけちゃん!!

















2010全日本ジャイアン集合

ゼッケン#50:塩原弘志選手

予選:24位
決勝:21位

今回、全日本JSBクラスへ初参戦です。
事前練習で肋骨を骨折してしまい、出場も危ぶまれている中、
みごとに予選通過で結果を残しましたね!

塩原選手のマシンは、エンジンこそJSB仕様にモディファイされてますが、
フロントフォークは純正のまま、前後ホイールも純正のままと、
全日本JSBクラスに参戦しているマシンの中では、最も非力な部類と思います。
マシンとケガのハンデをものともせずに、自己ベストを更新しての決勝進出は、
オートバイのレースでは、ライダーの力による部分が大きなウェイトを占めることの証明ですね!









2010全日本ジャイアン1小

ちょうど「旋回中」でしょうか?
うまくタイヤをつぶして乗れてますね!

写真からは、リラックスと集中が良いバランスで保たれていることが伝わってきます。
(それよりも骨折の痛みと格闘中かな?ww)
ライダーの中では、マシンとの密な対話の最中でしょう。
ここでのマシンからの回答を増やすために


ジャイアンL0ステム1

現在、秋山工業にてモディファイ中です。



塩原選手!ケガが直る頃までには仕上げますので、もう少し待ってくださいね!















今回紹介した選手たちは、純粋なプライベーター参戦です。
限られた時間や資金で、一生懸命に走っています。
そして何より、レースを心から楽しんでいます。
そんな選手たちを、秋山工業は応援しています!


スポンサーサイト



RASH CB1100R


img_1461810_60663396_0[1]



画像は、ツクバサーキットで行われている「テイスト・オブ・ツクバ」
「スーパー・モンスター・エボリューション」クラス優勝者、
TEAM-RASHの上田選手とCB1100Rです。

この車輌にも、何点か秋山工業のパーツを使ってもらっています。





今回のご依頼は、シフトペダルとブレーキペダルです。
もともと、秋山工業のものを使ってもらっているのですが、
「ライダーのバンク角が深く、接地する場面があるので、シフトストロークを少なくしたい」
と、TEAM-RASH代表の清水社長様から連絡がありました。

シフトストロークは、ライダーのフィーリングや実際の操作感も関係してくるところなので、
先ずは数箇所のポジションをテストできるようにします。












RASHペダル11

走行テストに使ってもらう、テストピースです。











RASHペダル14

ライダーが使いやすいリンク比を探るために、5箇所のポジションを用意しました。
この中から良い場所が決まったら、本番用ピースの製作に入ります。













DSC00013.jpg

早速、車輌に装着していただき、今週中にテストが行われるそうです。


















DSC00012.jpg

ブレーキ側は、エンジンケースとペダルの位置が近く、
ライダーのつま先がエンジンに当たってしまう場面があるとのことでしたので、
ペダル全長を20mmほど短く設定しました。










RASHペダル13

シフト側、ブレーキ側とも、不用意にブーツが引っかかることの無いように、
大き目のナイフエッジ加工を施してあります。











RASHペダル12

ステップバーは、滑り止めローレット加工にこだわった、秋山工業オリジナルです。
画像のように裏側を肉抜きすることで、軽量化も図っています。






























DSC00014.jpg

次回のレースは11月7日です。

間近で見るこのCB1100Rの走りは、すばらしいものですよ!
皆様にもぜひ、生で観戦することをお勧めします!












清水社長!
今回うちのインパルスは出ませんが、応援に行きますね!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード