スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンオフ・ステムキット

割と質問の多いパーツとして、ステアリングステムアッセンブリーがあります。


大手パーツメーカーさんなどで売られているものも、
非常に高価なものが多いパーツだと思います。

ワンオフで作ると、さらに高くなるんじゃないですか?と聞かれることが多いのですが、
キャリパーサポートやバックステップに比べると、
市販品に近いお値段で作れます。



今回、GSX1100Sカタナ用のステムアッセンブリーをご注文いただきました。




カタナステム鉄1








カタナステム鉄3







カタナステムAL1








カタナステムAL2

このアッセンブリーでは、ステムシャフトを純正を使うことで、費用の軽減をはかりました。
フォークオフセット量は、御依頼主様のご希望の数値とし、
その他は純正の位置が再現できる形状としました。
また、独自に設けるステーのためのネジ穴などもあけてあります。

こういったところが、ワンオフならではの小回りの効くところと思います。




さて、お値段ですが、
今回のアセンブリー(純正シャフトとベアリングはお客様の持ち込み)で、10万円でした。
シャフトも同時製作ですと12万円となります。

ステー類や形状などによって、値段の変化はありますが、
これが平均的なお値段と思ってください。



決してお安い価格とは言えませんが、ご希望に沿った世界にひとつだけのパーツをお作りします。


また、こういったハンドリングに直結するパーツでは、
足周りセッティングを変更することも多々あります。
そのような場合には、セッティングに関するアドバイスも同時に行っております。
仕様用途や走り方の傾向などを聞いて、求めたい方向性をご案内いたします。


スポンサーサイト

サイレンサー加工

G様


詳細はお電話にて!








ばなな4

インナーパーツを外した状態







ばなな3

本体を割り







ばなな2

内径は1.5倍ほど太くなりました







ばなな1

溶接にて接合





溶接や加工時の汚れが残ってしまいました。
磨きをお願いいたします。

ワンオフステムキット

ワンオフのステムキットを製作中です。










turuGSX750Sa.jpg

車輌はGSX750Sカタナ


カタナ乗りの方には有名なお話しかもしれませんが、
通称Ⅱ型と呼ばれる、フロント16インチ車輌のステムを、
19インチ車輌に移植することで、良好なハンドリングが得られるそうです。

今回の車輌には、すでにⅡ型純正のステムアッセンブリーが組み込まれているのですが、
どうも、そのステムが歪んでいるらしく、
また、ヤフオクなどで入手しても、キチンとしたものかの保証がないため、
Ⅱ型のオフセットでワンオフ製作することになりました。




カタナ2型ステムA

今日出来上がったステムアンダーです。
画像はありませんが、トップブリッジもワンオフで製作しました。
この後、アルマイトで表面処理をして、シャフト、ベアリングなどを組み込んで完成です。
GW中のため、アルマイト屋さんがお休みで、しばし中断です。

純正よりも強度が増す分、ハンドリングにどのような影響が出るか、
楽しみでもあり、ちょっと不安でもあり・・・・・。





カタナ2型ステムC



カタナ2型ステムF



カタナ2型ステムE

裏側の肉抜きやエッジの処理方法など、現代の車輌に近い手法を取り入れました。
車体に組み込んでカウルをつけると、ほとんど見えない場所ですが・・・・。




今回は、ステムシャフトは純正を流用しました。
検査したところ、シャフトに曲がりはなく良好な状態でした。

ステムのアッセンブリー製作は、決してお安い加工ではありません。
今回のように、純正部品を流用することで、製作費用を抑えることも1つの方法ですね。

このワンオフステムキットのお値段は、84,000円(税込み)でした。
※シャフトの組み込みや車体への組み付け工賃も含みます。








明日はGSX-R1000(L0)のトップブリッジ製作です。

カタナ フロント周りの移植

G_GSX1100Sa.jpg

フロントサスペンションをアドバンテージSHOWAに換装













G_GSX1100Scalisupo.jpg

サスの交換に伴い、キャリパーサポートを製作













G_GSX1100Sstb.jpg

18インチのホイールに合わせて、フェンダーの取り付け部製作














G_GSX1100Stop.jpg

バーハン用ポストの増設と、センターナットの製作













G_GSX1100Sfen1.jpg


G_GSX1100Sfen2.jpg


G_GSX1100Sfen3.jpg

フェンダー考察



















珍しく、カタナのパーツ製作が続きます。


GSX750S1100s.jpg


1100が終わり、次は750です。






turuGSX750Sa.jpg

T様
1週間ほど時間をください!

確認用

G様


キャリパーサポートとスタビの画像をご確認ください。








201104081516000.jpg

キャリパーサポートは、フォークやキャリパーの色からすると、
シルバーでは目立ちすぎますか?




201104081515000.jpg

ボルトは仮にブラックを使用しましたが、
完成時にはシルバーのテーパーキャップがつきます。

















201104081817000.jpg





201104081817001.jpg





201104081816000.jpg

スタビも、シルバー、ブラック、どちらも合いそうですね。
悩ましいところとは思いますが、判断をお願いいたします。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。