スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイールスワップ

バイクをカスタムしていく中で、比較的多いものとしてホイール交換があると思います。


今は、アフターパーツメーカーも多く存在して、
現行車種や人気の高い車種ならば、
『アルミ削りだし』『アルミ鍛造』『マグネシウム鍛造』『カーボンコンポジット』など、
選択肢も多く、ボルトオン(所謂ポン付け)で取り付けもできて、
性能、見た目もアップすると、良いこと尽くめです。
ただし、値段は安いとはいえませんよね。



旧車のカスタムなどで、他車種の純正ホイール流用も、
値段やスタイルを考えると、間違った選択肢ではないと思います。

しかし、純正ホイールはその車種専用に作られているので、
そのまま何もせずに取り付けできることは、かなりなレアケースになります。

ホイールカラーの変更だけで流用できる場合は良いのですが、
ブレーキセンターやチェーンライン、タイヤセンターなどを、正確に合わせることは、
難しい場合も多いと思います。

これは純正流用に限った話しではなく、
たとえば、「自分のマシン用の社外ホイールがないけど、このホイールを入れてみたいなぁ」
といったこともありますね。



秋山工業では、ホイールカラーの製作だけでなく、
ホイール本体の加工も得意としています。
物理的に不可能(極端に太いホイールなど)な場合を除いては、
その車種に合わせた加工も承っております。


ホイール交換でお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。













17165.jpg

写真は、17インチ純正ホイールを、16.5インチホイールに交換するため、
採寸作業をするところです。
チェーンラインやタイヤセンターなど、必要な情報を採寸し、加工に移ります。

このホイールは、全日本選手権JSBクラス用で、
ホイールの着脱がしやすいように、カラーの形状なども工夫して作ります。





スポンサーサイト

量産品

9月も後半に差し掛かってきましたが、まだしばらくは暑い日が続くようですね。
台風が過ぎ、一気に秋めいてくるかな?と思いましたが、
夏はもう少し居座るようです。


それにしても今年は自然災害が多いですね。

3月の震災ももちろんですが、九州の火山噴火はその後どうなったのでしょう?
ぜんぜん報道されなくなっちゃいましたね。









現在の工場内は、時間のかかる量産品が稼働中で、
ワンオフものの製造がなかなか進まない状況です。


SUNS量産1





SUNS量産2

この品物の素材はA7075と言うものです。
アルミ合金(ジュラルミン)の中では、最高部類の強度を持った素材です。
この素材を使ったキャリパーサポートの量産です。

このA7075は、強度は高いのですが、
とても腐食しやすい特徴があります。

量産品では、次の工程に進むまでの時間も「錆びるんじゃないか?」と不安になるほどです。
また、今回のキャリパーサポートは、製作時間も長いタイプなので、
なおさら腐食が気になります。

今週と来週のマシニング作業は、ほとんどこの加工です。


ホイールカラーやアクスルシャフトなど、旋盤を使った作業はワンオフにも対応できます。

雑誌に載りました

もて耐とは違う件で雑誌に載りました。



小さな記事ですが、探してみてくださいね!











201109141436000.jpg

カラーページとモノクロページに、秋山工業の名前が載ってました。




記事中に「個人からの依頼は受けない」という旨がありましたが、
そんなことはありませんよ。

むしろ、現在は個人のお客様のワンオフパーツを多く扱っているくらいです。

『専門的なことが分からなくて不安』とお思いの方は、
バイク屋さんなどを通してもらえれば、進行もスムーズになるかもしれません。

もちろん、専門的なことが分からなくても、相談や質問などお気軽にお寄せください。
分かりやすく説明しますので、ご安心を!(^O^)/

近況

ここを、続けて見てくださっている方から、
『もう更新しないのですか?』と聞かれました。

いえいえ!
時々にはなってしまいますが、細々と更新していきますよ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日(9月4日)、もて耐の応援に行ってきました。

千葉のRASHさんが製作したマシン(ninja250)のパーツをお手伝いしました。
雨が降ったり止んだりの難しいコンディションのレースでした。

4人のライダーの中、1人女性も参加されていたのですが、
聞くところによると、雑誌の企画も兼ねての参戦らしいです。
どの雑誌なのか聞きそびれてしまった。。。
秋山工業の名前も、記事の中に書いてくれるとのことで、
ちょっと楽しみにしています。

現地に到着したのが、スタート後だったので、
マシンの写真を撮ることができませんでした。
RASHさんから画像が届いたらアップしようと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~










最近の加工もの


クラウン・スペーサー

ホイールスペーサーです。









クラウン・スペーサー1

車用のものなので、バイクのスペーサーに比べて全体が大きめです。



古い車体に使うもので、手持ちのホイールと共通ではめ換えできるよう、
ホイール側のハブセンター穴を加工して、
その穴にあわせたスペーサーを製作しました。

この後、アルマイト処理に出して完成です。

反省、反省。。。

お蔭様で、忙しい毎日を送らせていただいております。


ワンオフパーツの作業の流れは、

①ご連絡をいただき、製作するパーツの内容を打ち合わせる。

②秋山工業で図面と見積もりを作成し、さらに細部のデザインなどを打ち合わせる。

③製作物のデザインや寸法が確定し製作に入る。

④完成~納品。

概ね、①~④の流れになりますが、
製作するパーツによっては、お客様のマシンをお預かりして採寸したり、
既存の市販パーツを購入して、作成パーツと組み合わせるためお時間をいただいたり、
追加の加工や、小変更の打ち合わせをしたりと、
それぞれのパーツによって、いろいろなパターンがあります。

最近の秋山工業では、何点かのパーツ製作を同時に行うことが多いです。
あるお客様のパーツを削りながら、次のお客様の図面を書く。
その間に、お電話での打ち合わせが何点か。
と、常にいくつかのパーツと向き合っているわけです。

打ち合わせの内容や、図面の変更箇所を間違えることの無いように、
お客様ごとにファイルを分けて、更新箇所をマーキングするよう心がけています。

パーツそのものの形状を間違えたり、寸法を間違えたりすることはほとんど無いのですが、
自分で書いた図面をもとに製作するので、ときどき「だろう」「つもり」が出てしまうことがあります。



今回も、その「つもり」が出てしまったようで、単純なミスを犯してしまいました。
反省の意味もこめて、日記に書いておこうと思います。














201102051453000.jpg

図面どおりに完成した「つもり」のヒールガードです。













201102051458000.jpg

これは裏側・・・・・・・・
ではなく、表側です。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・













201102051458001.jpg

本来、表面に設けるザグリ穴を、裏面に作ってしまいました。。。
これでは、まったく用を成しません。





今回は、納品する前にミスに気付き、作り直すことができたので、
お客様にご迷惑をおかけすることが無かったのが救いです。





『忙しい』は、常に言い訳である!
肝に銘じて、精進しようと思います。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。